【ボードゲーム】モダンアートの紹介

スポンサーリンク

ボードゲームと言えば「カタン」一択だった私が
友人のオススメで、最近ハマっているボードゲームを紹介します。

こんな人にオススメ
・カタンが好きな人
・オークションなどの「競り」が好きな人
・戦略系ゲーム(ストラテジーゲーム)が好きな人
・会話をしてゲームをしたい人

モダンアートとは

紹介するのは、「モダンアート」というゲームです。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
¥3,100 (2021/09/18 20:18:50時点 Amazon調べ-詳細)

正直、パッケージは残念ですが、やってみると面白いゲームです。

ゲーム概要としては、
「絵画」を売り買いすることで、自分の所持金を増やすゲームです。
絵画の流行り廃りを自分でコントロールするのが、面白い要素だと思います。

簡易ルール説明

このゲームは「4ラウンド」行ったあとの所持金の合計で、勝敗が決まります。

準備

まずは、決められた枚数をプレイヤーに配ります。
(プレイヤー数に応じて枚数が変わります。)
また、お金も決められた金額を配ります。

準備ができたら、ジャンケンをしてスタートプレイヤーを決めます。

1ラウンド目

スタートプレイヤーから、好きな絵画を出します。
その絵画に対して、オークションを行います。

それを繰り返していくと、とある画家のカードが5枚出ることになります。
特定の画家のカードが5枚出たところでゲーム終了です。

上の図の「ラウンド1」のところに、人気の画家TOP3から高い金額を置いておきます。これが、自分の購入した絵画への付加価値です。

2ラウンド目以降

1ラウンド目の手順を繰り返します。
2ラウンド目以降は、1ラウンド目の付加価値を加算していきます。

たとえば、4ラウンド目になると上の図のピンクの枠は、7万円の付加価値がつくので、最終ラウンドはかなり重要です。

ちなみに、そのラウンドでTOP3に入らなかった場合は、付加価値は0円です。

ゲームの勝敗

最終的に、絵画の枚数は関係なく、所持金の多さです。
ですので、所持金は常に隠しておくことが重要です。

このゲームの面白いところ(戦略のポイント)

このゲームの面白いのは、絵画の流行りが作れることです。
例えば、オークションにかけられる絵画で、ゴッホの絵が多ければ
最終的にゴッホの絵が高くなります。

このように、自分の持っている手札から流行を作るのが
ゲーム勝利のポイントです。

まとめ

モダンアートですが、始めは、つまらなそうと思っていました。
しかし、やってみると、こんなに白熱するものだとは思いませんでした。

流行をつくり、自分の持っている絵画の値段を上げるワクワク感。
「競る」ことによるドキドキ感の、2つを味わえる超オススメなゲームです。

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
¥3,100 (2021/09/18 20:18:50時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました